1年かけて素材を集めるシュトーレン2019-干し芋-

こんにちは。今年のクリスマスのシュトーレン準備始めています。

1月から3月のはじめくらいまで四万十は干し芋シーズン。畑の隅っこや庭などでお芋が干されています。

使うお芋は人参芋と言われる赤いさつまいも。

普通のさつまいもよりとても甘いのです。

高知では、干し芋のことを「ひがしやま」と言います。干菓子のように甘いから?土佐弁の古い方言から来ている?など諸説あるようですが、干し芋を「ひがしやま」というのは、高知と愛媛の一部らしいです。

お芋を何時間も茹でて、それを何日も乾燥させて作るとても手間のかかっているものです。

砂糖も何も使っていないのにお菓子のように甘く美味しく、小腹の空いた時にはかなり満たされます。

作る人によって、柔らかさが違うのも特徴で、きっと好みもいろいろでしょう。柔らかいのも美味しいし、硬いものは、噛めば噛むほど美味しいくて。私は、どちらも好きです。

さて。そんな干し芋を熟成させます。

ラム酒をヒタヒタに。

クリスマス前までラム酒にゆっくり漬かってもらっております。

 

 

 

2019年3月8日