1日カフェに思う

1日カフェに思う
カゴノオトを始めてそろそろ4年が経とうとしています。


今でこそお店で料理を出して食べてもらうのは日常の事になりましたが、お店で生まれて初めてお客さんに自分の作ったパスタをお出しした時の事は未だによく覚えています。
ホテルのレストランで働いていた時は、料理はホールスタッフが運んでくれたので「作ったら終わり」でどんな方が食べで下さってるのかは分かりませんでした。

どんな方が食べて下さるのか知りたいという動機もあって、自分でお店を始める事にしたのですが、初めて料理を作ってお出しした時は極度に緊張して、一言も喋れず、お客さんの目も見れず、テーブルに料理を置いて一目散に台所に逃げ帰りました。
その後、台所に戻って壁越しにお客さんが料理を食べてくれてる音を聞いて「あー、食べてくれてる、、」とまだドキドキしてました。
今思い出しても様子が可笑しく笑ってしまいますが「お店」や「カフェ」に対する考え方や思い入れは人それぞれなんだろうな、と思います。
10月は23日(日)に「Tea Room こもれび」さんの1日カフェがあります。



今回で9回目でカレーと紅茶の美味しいお店です。
お店に行かせてもらって凄いなぁ、と毎回感心するのは、初回の頃からテーブルの上に「Tea Room こもれび」の紹介文とアンケート用紙が置いてあって、アンケートに書かれた意見を次に活かしてお店をされてる事。
紹介文にはどんな事を思いながら「カフェ」を始めたのかが丁寧に書いてあって、とても伝わってくる物があります。
それを見て最近カゴノオトでも紹介文を置くようになりました。


ぴーちゃんの「Tea Room こもれび」が1日カフェをカゴノオトでしてくれる事で、地域にも僕達にも柔らかな風が吹き始めています。
今月23日(日)お時間あったら「Tea Room こもれび」へ、どうぞ。
*Tea Room こもれび facebookページ*http://www.facebook.com/komorebi25/

2016年10月8日