カゴノオトお菓子づくりワークショップしてきましたー。

先日、古民家カフェ半平さんでカゴノオトお菓子作りワークショップしてきました。

四万十町窪川にあるもともとは旅館だったという古民家。
今は、古民家カフェ半平として営業されています。

庭もお店の中もとても気持ちいがいい空間です。

今回のワークショップのチラシはこちら。
半平さんのお知り合いのデザイナーさんが作ってくれました。

おかげで告知してから数日で定員に達しました。

このワークショップは、無料託児もあり、6ヶ月から2歳までの3人のお子さんが保育士さんと遊んで待っていてくれていました。

今回、予約してくださっていた方は、カゴノオトのお菓子を普段注文くださっている方もいて、ここではじめてお会いできたりと、うれしかったです。
また、知っている方も参加してくださり、もちろんとっても心強く感じました。そして、全く初めての方との出会いも嬉しかったことでした。

託児もあったので小さいお子さんのいらっしゃるママの方の参加が多かったです。

さて。
この古民家カフェ半平さんは特定非営利活動法人LIFEさんが運営されていています。
まずは、LIFE代表の井上さんからはじまりの挨拶からワークショップがスタートです。

私は、みなさんが今回どうして参加してくださっているのかを聞いてみたかったので、自己紹介をしてもらってから参加動機も教えてもらいました。

今回作るものは、カゴノオトのお塩とココアの2種類。

わかりやすく簡単にできる作り方です。

生地ができた後は、みなさんそれぞれ型抜き。

それぞれのビスケットでいろんな発想やいろんな形や顔になっていて、見ていてとてもおもしろい。そうか。こんなこともできるのかと私も発見がたくさんでした。

焼きあがるまでは、半平さんのドリンクでお話しながらお茶して待ってます。


そんな時間もとてもたのしい。

立っているのは特定非営利活動法人LIFE代表の井上さん。

焼きあがってみたらどれもとってもかわいいビスケット。

その場で食べてもいいし、お土産にラッピングしたりして・・。
みなさん小分けにされてお子さんたちにお土産にされていました。

ラッピングってお菓子作った後の楽しみですよね。ラッピングするとぐっとかわいさが増しますね。

今回のワークショップはお土産がもうひとつ。

帰ってからも作れるビスケットミックス。全ての材料が混ざっており、後は、油と水を入れてもらえばOK!!という「カゴノオトビスケットミックス」(商品化されてません・・。笑)

最後にみなさんとお茶をして簡単で楽しかったなど感想もおうかがいできて一安心。
簡単にできておいしいっていいことですね。

そんなこんなで無事ワークショップは終わりました。

実は、当日朝、オーブンの鉄板を忘れるという大失態をしており、LIFE代表の井上さんにカゴノオトまで取りに行ってもらったのでした。(往復80キロ。合計2時間弱)ほんとすみません!!!

みなさんありがとうございました。

2018年10月4日