まずは1枚脱いでから、無事に終わりました!

昨日のカゴノオトでのイベント「まずは1枚脱いでから」は20名近い方がご来場下さって賑やかな会になりました。



今回のイベントはストリッパー牧瀬茜さんにストリップを始めたきっかけや裸になる事について、どんな業界でどんな人がいるのか等、自分達の知らないストリップの現場の声を聞かせてもらおうという企画でした。
食べ物もストリップにちなんでちょっぴりエッチな大人な食べ物をご用意しました。
・おっぱいおにぎり
・お尻ぷりん
・おパンツビスケット
・LOVE入り柚子ジュース
・LOVEゼリー
などなど。
大人ですね。
焼く前のおパンツビスケット
ある意味言ったもの勝ちな。。
普通の食べ物もありました。
その他に牧瀬茜さんの著書「すとりっぷ人生劇場」に出てくる食べ物をカゴノオト風にアレンジした
・ケンさんがごちそうになったカレー
・ケンさんがイスラエルで食べたピタパン
なども作りました。
1部のトークでは牧瀬茜さんから裸になる事や表現する事について話を聞かせてもらいながら、来てくださったお客さんも交えて質問もしてもらいながらイベントは進んで行きました。
2部では「1枚脱ぐワークショップ」が開催。
若干無茶ぶりな感もありましたが、お客さん同士2人1組のペアになって、演奏する人と脱ぐ人に別れて、照明を幾分暗くしてワークショップがありました。
茜さんが用意してくれてた赤い襦袢や赤い紐パンの衣装を着て脱いでいく人、羽織った布を脱いでいく人、ストリップの脱ぎ方を教わって脱いでいく人、靴下を脱いでいく人など、皆さん思い思いに脱いでらっしゃいました。
最後は太鼓や歌も入って、音を聞く人、小さく身体を動かす人、大きく身体を動かす人など、思い思いの時間を過ごすセッションになりました。
お客さんは遠くは高知市内や土佐清水や愛媛県から来て下さってたり、最近移住した方や近くで暮らしている方などさまざまな背景の方が来て下さっていて、イベントが終わってからもお客さん同士が話をされてる光景が嬉しかったです。
来て下さった皆様、心を寄せて下さった皆様ありがとうございました。

2016年12月26日