本も進んでます!

 

こんにちは!
カゴノオトの前です。
カフェ営業も残す所23日30日のあと2日となりました。
(お菓子作り、イベント企画は引き続きやっていきます)

先週もたくさんの方がお越しくださいました。
今週も皆さんのお越しをお待ちしてます。

そんな中僕は本の執筆活動も始めました。
長らく書き溜めていたブログの記事を大幅に再編集して一冊の本にするべく、編集者の方と相談しながら作業を進めています。

本にしようと思ったきっかけは何年か前の高知新聞。
室戸に移住した若者がその地を後にするという内容の記事でその若者がえらく自分を責めていて、それがずーっと心に引っかかっていました。

世の中には「移住」や「起業」「田舎暮らし」といった言葉から連想されるある種のイメージがあります。
それはあくまで暮らしのほんの一部を切り取った断片でしかないけれど、世の中に伝わる時にはあたかもそのイメージが全てのように伝わっていて、その事にずっと違和感を感じていました。

その作られたイメージに対して自分自身が劣っていると感じて、抱かなくてもいい劣等感を感じ自分を責めてしまうというパターンがあって、いいイメージだけではない現場で起きているリアルな話を世の中に出していく事で少しでも風通しが良くなればと移住してカゴノオトを5年半続けてきて感じる事を本にしようと動き始めました。

改めて書いていくと文章は膨大な量になってその量もさる事ながら、飾らない本当の言葉が書いてあって自分で読み返してめちゃくちゃ力をもらって「お前のために書いたんじゃねーよ!」と一人でツッコミ入れながら書いてます。

まだまだ書きたい事が溢れているので、本の進捗状況などまたこちらでお知らせさせてもらいます。
完成したら是非読んでもらいたいのでよろしくお願いします!

2018年6月20日